雲南市議会映像アーカイブ

令和3年度 9月定例会

周藤正志 議員
※初期設定ではミュート(消音)となっています。
 ミュート(消音)を解除してご覧ください。
これまでの市政運営の所感について
市長が就任され7カ月が経った。新型コロナ、災害と平時とは異なる非常事態の中にあるが、この間の市政運営についての所感を伺う。
災害対応について
(1)災害復旧を最優先にとの方針が示されたが、一方で取り組まねばならない事務事業が中止、先送りされれば、市勢の停滞を招くがどう対処するつもりか。
(2)木次の潜水橋に引っかかる流木は景観上からも早く撤去すべきだ。
(3)ライフラインである浄水場の浸水・落雷被害が発生したが、抜本的対策を講ずる必要があるのではないか。
(4)農地の復旧にもかなりの時間を要すことから耕作放棄が増えると思うが、どう対処するのか。
教育の諸問題について
(1)市長は市の教育の現状をどう評価しているか。また、どのような教育ビジョンを持っているのか伺う。
(2)小学校からの英語教育に問題はないのか。
(3)国語力の低下が著しいと言われているが、実態はどうなのか。
(4)ICT教育をどう学力向上につなげていくのか。
(5)スマホは人間生活全般にさまざまな影響を及ぼしていることから、もっと教育の面からも大きな問題として取り組むべきではないか。
(6)「道徳」における評価はどうされているのか。問題点はないのか。
(7)「生涯を通じて自ら学び、人生を豊かにする」生涯学習にもっと力を入れるべきではないか。
「脱炭素宣言」について
「脱炭素宣言」の表明に向けて取り組むとのことだが、単なるパフォーマンスではなく、市民が理解し、賛同・実践するものでなければならないがどうか。また、市長の「脱炭素社会」のビジョンはいかなるものか。
今後のコロナ対策について
ワクチン接種が進んでいるが、これまでにない感染拡大が続いている。しかしながら公開されている情報が少なく、個人ではこれまで以上の対策はとりようがない状況だ。収束が見通せない中、今後のコロナ対策をどうするのか。
ご利用について
  • この映像配信(映像および音声)は、雲南市議会の公式記録ではありません。公式記録は議会会議録をご覧ください。
  • 映像配信を多数の方が同時にご覧になった際に、映像が正しく表示されない場合があります。
  • 本サイトで公開している全ての情報について、複製・改変・配布を禁止します。