雲南市議会映像アーカイブ

令和3年度 6月定例会

松林孝之 議員
※初期設定ではミュート(消音)となっています。
 ミュート(消音)を解除してご覧ください。
経済界との繋がりについて
(1)市長就任から4か月が経過し、いよいよ石飛カラーの市政運営に市民の期待が膨らむ。
①コロナの終息が見えず全国的に低迷する経済の中、市内誘致企業の存在は地域経済の振興と雇用に大きな影響を与える。関係性を保つことは大変重要であるが、新市長として企業訪問の状況は。
②本市経済界の外資獲得と内資循環拡大に対する市長のビジョンを伺う。
③神原企業団地2期工区の誘致活動状況は。
コロナ支援策の柔軟対応について
市役所本庁舎でもクラスターが発生し、市民の不安はより一層高まると同時に市内経済は最悪の状況に陥っている。
①4月専決の雲南市継続支援事業給付金は、概ね予定通り推移しているが、消費喚起・販売促進活動等支援事業は低迷しているが、要因と今後の展開は。
②様々な市内飲食店への支援策を講じられているが、夜間往来の不便さも出控えの要因となっていることも事実である。補完するためにはタクシーの夜間運航が必要であるが稼働していない。タクシーの深夜人件費補助施策を考慮してはどうか。
山林の可能性について
市の面積の80%が山林の本市は、山との関わりは重要である。コロナの蔓延により、田園回帰や地方移住がより注目され、今こそチャンスの時である。
①市長はこのタイミングをどう捉えているのか所感を伺う。
②林業が直面する課題は。
③輸入木材の品薄の状況で建築業界に影響が出ている。県産材、市産材にとっては追風であり、今こそチャンスである。長期的スパンで供給できる仕組みを構築すべきでは。
④山が荒れないことが有害鳥獣対策の大きなポイントであるが、農業施策と林業施策のコラボでもっと強力な事業展開はできないか。
⑤森林環境贈与税は、森林に関する施策のハード、ソフト両方に使える有効な財源である。来期以降の歳入増が見込まれるが、検討状況は。
⑥都会地で林業に興味を持ち「週末林業体験」として山に入る若者が増えている。市内でも林業に従事する若いスタッフの雇用と育成が積極的に行われている。地元出身の若者はもちろん、都会地からのUIターン者へのアプローチは今がチャンスである。当施策に特定地域づくり事業協同組合制度を導入し、積極的な展開をすべきでは。
⑦広大な面積である山林整備は、本来、国策として管理されるべきであるが、霞が関の机上では実態はつかめない。県や国と繋がりを強固なものにし、雲南市の大事な資源である山林と大きな可能性を秘めている林業に力を注ぐべきと考えるが、市長の見解を伺う。
ご利用について
  • この映像配信(映像および音声)は、雲南市議会の公式記録ではありません。公式記録は議会会議録をご覧ください。
  • 映像配信を多数の方が同時にご覧になった際に、映像が正しく表示されない場合があります。
  • 本サイトで公開している全ての情報について、複製・改変・配布を禁止します。