雲南市議会映像アーカイブ

令和3年度 6月定例会

鶴原能也 議員
※初期設定ではミュート(消音)となっています。
 ミュート(消音)を解除してご覧ください。
雲南市役所で発生したクラスターの拡大防止対策と今後のワクチン接種に係る取り組みについて
(1)残念なことに市民の皆さんに安心して利用していただくはずの雲南市役所でクラスターが発生し、更に再検査の結果新たに4名の陽性が確認された。これにより感染拡大防止のため市役所は閉庁となり、市民生活に大変迷惑を掛けるとともに信用を失う事態となった。市役所職員から感染者が出ることは昨年に続き2回目であるが、感染予防の模範となるべき雲南市本庁舎内から感染者が再度発生した遺憾な事実について、
①市の感染予防対策に問題はなかったのか、反省すべき点はなかったのか。
②再々発防止と信頼回復のため、今後どのように取り組む考えか、具体的な予防対策について、市の見解を伺う。
(2)①国のガイドラインに基づき5月24日から80歳以上の皆さんのワクチン接種が開始され、65歳以上の皆さんに対する接種について予約開始日、接種予定日が示された。しかし64歳以下の皆さんに対しては接種順位の考え方が示されただけで、全く白紙の状態であることから、市民の不安を払拭する意味からも早急にワクチン接種計画を策定すべきと考えるが見解を伺う。
②また、多数の子ども達との濃厚接触が想定される学校の先生等について、ワクチンの有効活用等考慮のうえ早期接種を検討すべきと考えるが見解を伺う。
雲南市農業ビジョンの進捗状況について
(1)平成30年度から平成34年度(令和4年度)までの5年間を計画期間として雲南市農業ビジョンが策定され3年が経過したが次の事項について進捗状況及び実態を踏まえた計画の見直しについて伺う。
①農業経営の組織化による経営体質強化について
②新規就農者の育成確保について
③水田農業の振興について
④園芸作物生産の振興について
⑤鳥獣被害防止の取り組みについて
⑥担い手連携組織と地域自主組織が連携する地域づくりについて
雲南市農業振興地域整備計画について
(1)農用地区域内の農地を転用し、個人住宅、墓地、駐車場などを作る場合、農用地区域の変更申出書の提出が必要であるが、次の点について見解を伺う。
①雲南市の農業振興地域整備計画策定の考え方と現在の農業振興地域整備計画はいつ策定されたものか。
②現在の指定面積は。
③市町村は、農用地等の面積、農業就業人口、計画の達成状況など見直しに必要な項目の現況及び将来の見通しについて、概ね5年ごとに調査を実施し、社会情勢の変化に適切に対応するよう農業振興地域整備計画の見直しを行うよう国から指導されているが実施したことがあるのか、また見直しの計画はあるのか。
長梅雨予報に対する防災対策について
(1)今年は過去2番目に早い梅雨入りだったが、広島地方気象台は梅雨明けは例年並み、相当に長期間となり降水量は平年より多くなるとの3ヶ月予報を発表した。雲南市は土砂災害危険箇所が大変多く、毎年氾濫のおそれのある河川もある、また多くの防災重点農業用ため池が改修工事未着手のままの現状にある。この気象予報に対し災害未然防止の観点からどのように対処される考えか伺う。
ご利用について
  • この映像配信(映像および音声)は、雲南市議会の公式記録ではありません。公式記録は議会会議録をご覧ください。
  • 映像配信を多数の方が同時にご覧になった際に、映像が正しく表示されない場合があります。
  • 本サイトで公開している全ての情報について、複製・改変・配布を禁止します。